犬の餌にカリカリタイプと生食タイプはどちらが良い?

ある日こんな質問を受けたことあるんですね材料さえ使ってればわざわざこういう生色で与えなくてもいいんじゃないの加熱したりだとかいい原材料さえ使ってればカリカリにしたドッグフードだって食べさせても全然いいんじゃないのいうお客様がいらっしゃったので今日は例えば同じドックフード同じ原材料を使っていたドッグフードが3種類あったとしますでそれぞれ3種類あるんですけども一つがな場所区もう1色が加熱をしたものでもう1色がカリカリのドッグフードだったときにじゃあなぜそんな中でも生食の風土がおすすめなのかということについて今日は説明させて頂ければと思います早速もう入っていくんですがまず1つ目のメリットとしまして良質なタンパク質を摂れるっていうことがまず第1のメリットになりますこれどういうことかと言いますどう何度も行っておりますがワンちゃんに一番大事な栄養素っていうのは動物性のタンパク質になりますでえっとそういうふうに黒とは魚の原材料まあ現在のなんでもそうなんですが加熱だとか加工をすることによってどんどんどんどん栄養素だとか肉の質自体がもう劣化させてしまうのでそれを何も加工しない完全に自然の状態のもので撮ることができるので良質なタンパク質を摂れるって言う間詰リットが第一になりますそれから続いてですね水分補給のメリットがあるんですね加熱をしたりだとかあとはカリカリにすることによってカリカリにすると乾燥してしまいますし一番よく分かりやすい例がフライパンのかでお肉焼くと縮んじゃいますよねああいうのって栄養素だとか水分とかがどんどん流れでちゃってるんですねそれなのでだ馬肉な無職の状態で食べさせるということは食材に含まれる水分もそのまま取れるということになりますのでよく今8人だって水分補給をこまめにこう撮るようにしてても足りないとかって言われている世の中ですそれなのでワンちゃんとかもあまり水のマネわんちゃんとかもいると思いますので食事から摂る水分補給というのはものすごいメリットになりますこれなかなかですね他の栄養素だとかいろいろに気を取られて水分というものを大事さというのはちょっと大き際にされてる感じがあるのでここはちょっと強調しておきますそれから3つ目としまして先ほどのタンパク質だとかの話とも通じるんですけども100%の栄養を摂れますよということになりますこれどういうことかと言いますと先ほどの話もありましたフライパンで肉の加工焼いていると肉ってどんどん縮んできますよねアレっていうのは水分も含めて栄養素って言うは流れ出ておりますそれなのでそういうのがない生の状態100%の状態でとれるっていうのがメリットになりますでもっといいますと生に含まれるビタミンだとかの栄養素こういうものは熱に弱いものが多いですそれなので加熱をするとビタミンだとかが流れてしまう人間だったら生の野菜度か生の果物からビタミンだとか捕球するんですけども肉食よりのワンちゃんっていうのは果物だとか野菜だとかの消化っていうのは苦手ですなので何からビタミンのとかを補給しないといけないかというとこういうナマニクだとか生の魚とかからとるって言うことが大事なりますのでそこが83つ目のメリットということになりますここまで3つえーちょっと早くてぃお伝えしていきますたがちょっとでも7色の勉強したことある方はアレアレの話が出てないんじゃないのって思われる方もいらっしゃると思うんですけれども4つ目で出てきます構造のお話になりますこれご存知の方87色少しでも勉強されていたら酵素っていうことは聞いたことがある方もいらっしゃると思うんですけれども構造っていうのは私もちょっとの獣医師えっ石田とか学者さんでもないので詳しく説明できない床は確かにありますそれなんですけどもじゃあどこで私は勉強するかと言いますとこういうコーン買うんですねフォンを買ってしっかり勉強しますでこの本ですねちょっと私も読んですごくおもしろくてえーどういいなぁだと思ったんですけども鶴見隆史先生という方が書いている酵素が免疫力をあげるっていう方になりますでこちらですねえとツーレポ桃絵とかもこう書いてあってすごいわかりやすい感じでなるので一般の方だとかでもいいですが読みやすい本だと思うので是非これあの読んでいただきたいなと思うんですがどこちらの本を参考にして今日は a ご説明させていただきますあくまでも一般の方見られていると思うのでこういうのに関しましては簡単にちょっと説明していきたいんですけどわかりやすいように説明していきたいんですけどもまず大前提として酵素の力というのは賛否両論あるんです酵素の力は凄いよっていう方もいれば酵素の力なんてないからという方もいらっしゃるんですそれなので大前提としてさんピロン賛否両論ありますよということは覚えておいていただきたいと思いますそれでは8酵素の力に完成なんですけども簡単にいうと酵素の役割っていうのは電気のスイッチのような役割になりますこれどういうことかと言いますといくら電気がたくさんあったとしても数一致を押さないと流れていかないですよねそれと同じでいくら栄養素タンパク質だとかもいいものをワンちゃんが撮ったとしても酵素の力っていうのはのがない道そういう栄養素を使っていけない体が体を動かす力に変えていけないんですそれなので電気のスイッチっていうあのたとえがちょっと分かりやすいかなと思うので使わせていただきました方に言うと栄養を日から体を動かす力に変えるものが酵素っていうことになりますこちらに関しては生の食材には含まれていて少しの熱40度のとか50度くらいで失活してしまうといわれておりますこれですねえっとぉ加熱をしたりすると酵素が死ぬとかっていう表現をされる方もいらっしゃると思うんですが正確に言うと酵素が活性を失うう酵素が酵素の働きが失われてしまうっていう意味で失活っていう言葉が正しいらしいですちょっとあの細いですがご説明しておきますであまりなんかあの子そんな話をちょっと深く入っても凄い難しい話になると思うで今回ちょっと例を2つだけこの本にもこの本にも載ってるんですけどお礼を2つだけご説明させていただきます酵素の例としてアメリカの動物園での出来事なんですがある日を境に動物に生の食材を餌として与えるようになったらしいんですね例えばライオンで言うと生の肉生のレバー生の骨とかを雷ように与えたりだとかあとサルにはなまあの野菜だとか生の果物を中心に与えるようになったらしいんですでそれを境にものすごいアメリカの動物園の動物が元気になったっていう報告だとかがまあこの方にも載っているんですがあとはですねエスキモーと呼ばれていたイヌイットも民族ですね北極の方に住んでいる民族になるんですけども彼らはすごい寒い地方に住んでるので果物だとか野菜だとかがその他ない地域に住んでいるのでそういうものは取らないんですじゃあビタミンの補給とかどうやってるのというと生の肉だとか生の魚を食べているのでそこからビタミンの補給だとか酵素補給をしているようですそれなのでいウィッグの民族には動脈硬化だとか生活習慣病の人がほぼいなかったという報告が一応ありますでこの例だけ見てもやっぱり生で食べることによって効果ってすごいあるんだなあっていうのがわかると思うんですけども実際のところまぁちょっとインターネットとかもいろいろ調べたりだとか他の方も見たりすると酵素に関して科学的なデータっていうのは公式な科学的なデータというのはあまりないらしいいいのでそういう意味で賛否両論あるっていうことなのかもしれませんただ私はこの鶴見先生の本を読んだりだとかあとはこのアメリカの動物園だとかイヌイットの民族の話を聞いたりあとは自分のドックフードを買っていただいているお客様のワンちゃんが日に日に元気になってたりとかですねそういうのを見ると本当に名前いくの効果玉食の効果それも構想も含めての7色の効果というのはものすごいんだなっていうのを実感しているので私自身に関しては何コースに関しては信じておりますはいそれでは今日もまとめになりますが生食のメリットとしてまず良質のタンパク質一番自然の食材から加熱も加工も加えてない栄養満点な状態でタンパク質をとりますよそれと同時に加熱だとか乾燥させることによって失われる水分補給が同時にできますよとそれから野菜だとか果物の償還が得意じゃないワンちゃんにとってなまにくだとか生の魚からビタミンだとかを取る必要があるので加熱によって失われるビタミンだとかを補給できるというメリットもありますで最後酵素の力こちらは賛否両論がありますけども電気のスイッチの役割だと言いましたでこちらもの酵素の話に関してもアメリカの動物園の話だとかあとはへイヌイット話だとかを含めると実際にすごい効果があるんじゃないかなと私自身は思っております以上この4つのメリットですねもし酵素がなかったとしても3つこの3つのメリットがあるので生色で与えるということはものすごいいいことになりますのでカリカリにしたり加熱したりわざわざするんではなく与えるなど生の状態で与えていただきたいって言う今日のお話でしたはい一番最後にですねこれあの私もちょっと色んな方と長食を進めているいらっしゃる方もいればな和食反対の方とかいろいろな方とお話することもあるんですけども生食の効果っていうのはもうまだまだわからないことだらけでやっぱりあの私たちが予想もしなかった効果とかが出ることがあるんですね7で本当にまだまだな和食の効果というのは分かっていないことを構想も含めてわかってないことだらけなので本当にえーとこれからどんどんは8わかってくるのがちょっと楽しみだなあと思っております私の8実際のお客様の話を聞いててもこんな効果あるんだっていうのがもういろいろお話に聞くので本当にな無職っていうのを実際に試していただきたいなぁと思いますそれだけをこれで終わりたいと思います