犬に大事で必要な3つの栄養素

犬に大事な栄養素3つありますでこちらになります国に必要な栄養素ということで3つ挙げさせていただいたんですけどもまずこれはもう何度も別の動画でも言っていると思うんですが動物性のタンパク質になりますでそれからこれにも動物性のタンパク質と関連して動物性の脂肪それから意外に盲点となっているのがこのカルシウムだと思いますのでこちらもご紹介させていただきますでどこの3つになるんですけども別々に紹介しますねまずこの動物性のタンパク質からいきたいと思うんですが人間もそうなんですけども人だとかワンちゃんの体のエネルギー源となる栄養素っていうのは3つありまして炭水化物それからタンパク質それから死亡この3つに分けられるんですねで江戸ワンちゃんにとってその中でも必要な栄養素っていうのはタンパク質と脂肪その中でも動物性のものになりますこの理由っていうのが祖先が肉食動物で今も肉食動物と同じたいない構造しているワンちゃんにとっては必要っていうことになりますエネルギー源だけではなく筋肉まあ作ったりがとかあとはまあ皮膚をつくったりだとか本当に生き物を語る上でこのたんぱく質っていうのはもう欠かせない存在になりますのでこちらが一番大事っていうことを覚えていただきたいと思いますで主な食材としたニックだとか魚ですねで手作りご飯のかあの上げている方のために一応書いておいたんですが新仙台端まで値ましょうだとかあとは魚に関してはあの寄生虫の問題とかもあるので内臓ができましょうねっていうことに超書いておきますで先ほども申し上げたんですが体のエネルギー源となるものの会2つ目にご紹介させて頂いた動物性の脂肪ですね脂肪ですねでとこちらに関しては肉だとか魚の脂身の部分になりますねこちらもあの本当にエネルギー源となるだけではなくて本当に皮膚を作ったりとかいろんな役割があるので積極的に与えてあげていただきたいと思いますで8人減の食品だとかあと健康がんやの健康の中番組だとかで今もう死亡っていうと結構悪いイメージも使った多いと思うんですが1ペアにとってはもう本当に動物の手法というのは大事になりますので積極的に与えてあげていただきたいなと思いますでラストこれカルシウムなんですけどもこちら意外に知られてない方面白さがいらっしゃるかもしれないんですが人間の何倍もカルシウムというのは必要に必要とされておりますまーちゃんにはですねでどうもに含まれているのがニックだとか魚の骨へ鳥の骨はよく阿部ないんじゃないのとかっていうかもしれないですか積極的に与えてあげてください行くだとか魚の骨それから乱獲卵の殻とかになりますねで塩と新生なればなまで与えましょうだとかあとはまあ先の鳥の骨の話ではないんですけども2ヶ月加熱をしない状態であとはまあ小型犬の場合だとあの大きい度食べづらかったりよとか危険な可能性の顔あるので細かくしているとかあとは小さい骨を選んで与えようにしていただきたいなと思いますでこちらに関してですね例えばよくインターネットである情報っていうのがカルシウムを与えすぎることによってこんな悪い症状ではすよとかっていう情報があると思うんですねそれに関してはそうじきいてあのサプリメントだとかを与えすぎると確かに良くないかもしれないですが自然な食品からとる上でカルシウムだとかの与えすぎっていうのはそんなに気にしなくていいと思いますそれにですね万が一春シームを与えすぎたとしてもカルシウムというのは主にあの尿から後すぎた分は排出されるになっているのでサプリメントだとかそういうのをお使いになっている方を除いては公園と与え過ぎというのはそんなに気にしなくていいと思います今どこの3つが栄養もに8ワンちゃんに毒に必要な要素ということでご紹介させていただいたんですがじゃあこの3つが何も必要じゃないのかって言われると全然そうではないんですけれども残りの食材に関しては2割程度答えさがあるのでそのワンちゃんによっては1割になるのか触りになるのかまあいろいろあると思うんですけれども他の食材に完成は2割程度のトッピング手作りする形にしては2割程度のトッピングでok だと思いますでまぁ今日の動画の趣旨からはちょっと外れてしまうのでこちらはこの程度のご紹介させていただければとまあ正直この2割程度っていうあのこの拙いものになったとしたらちょっとビタミーナとかに練られたとかそういう話になっていくのでちょっと難しい話になるなるのでここでは割愛させていただきますで最後にですね大前提としてすべて新鮮な原材料を使いましょうねっていうことをこれねぇもしで言っておきます先生な原材料でなければどんなにタンパク質が多い食材になったとしても栄養価っていうのが落ちてってしまいますので先生な原材料を与えるようにしましょうねっていうことで今日は終わりたいと思いますい以上で今日もお話を終わりますごちそうどうもありがとうございまさ