無添加のドッグフードが良いといろいろ聞くと思いますが、どうして無添加のドッグフードがそんなに良いのか?

無添加のドッグフードが良いといろいろ聞くと思いますが、どうして無添加のドッグフードがそんなに良いのかっていう話になるとこういうことなんです。添加物を使ってはいけない添加物の決まりっていうのは人間は約300種の添加物これ使っちゃいけませんよという決まりがあるんです。それに対してワンちゃんっていうのを約10種類程度しか無いと言われてるんです。これもものすごく問題ですよね?人間に使っていけないものを同じ生き物のわんちゃんには290種類これ使い放題なのです。なのでこれが無添加のドッグフードが良いと言われるゆえんになります。本当に私も最初に勉強をし初期びっくりしたのですが人間に使えない290種類、ワンちゃんには使い放題!数字とかもごまかしたりだとかあとは開封してから1ヶ月2ヶ月も大丈夫なドッグフードなんて作れるんだなっていうこういう理由でなるんだなぁというのはちょっと分かりました。

まとめると、栄養数値さえアフコの基準をあわせ栄養の数字さえ満たせばいいっていうことですよね栄養の数値っていうのはみなさん食事食材の裏面のか見たらよくわかると思うんですけど 100g あたりっていう表示になっているんですよでその100g あたりの栄養素をクリアすればいいので簡単な話水分を抜いてしまえば栄養素は凝縮されてしまいます。だからなカリカリにしてるっていう理由にはなるんです。水分を抜いて少ない100g あたりっていう設定にしないといけないんであのカリカリにて少ない量に栄養詰め込んでしまおうということでアフコノ基準をクリアしようという話なんです正直言ってドライフードのカリカリの水分を抜く状態にしないとあそこの基準中のはほとんどクリアできないと思います。無添加のドッグフードでアフコの基準をクリアするというのはほぼ無理だと思います。300種類のうちの290種類人間にはダメの添加物が使い放題なので数字なんて調整しまくりです。それが故にドライフードが多く出回っているという事なんです。総合栄養食とっていう名前がついたのにドライフードカリカリのドライフードが多いと言うはここになります。一番大事なのは数字がどれほど良いとしても実際ワンちゃん自体の体に吸収されないと意味がないのです。なのでこういう加工食品にするってことは吸収率が必然的にに悪くなるので数字通り吸収してない可能性もありえますので数字だけ良いドッグフードにはご注意頂きたいと思います。290種類の添加物をワンちゃんに使い放題なので添加物のことを気にして無添加のドッグフードを選んでいただきたいと思います。もちろん良い添加物は存在するのでここに調べていただきです。

解決策として、獣医さんに診断されたときに与えているドッグフードを伝えベースとなるドッグフードを把握し調整しながら愛犬の健康を維持させることがとても大切です。